Home > コンピュータ > LibreOffice

ベクトルドロー・レベルゼロ

LibreOfficeの使い方

広告

新規作成日 2017-06-13
最終更新日

無料で利用できるOfficeアプリケーションでは、以下の3つが有名です。

その中からLibreOfficeを実際に使用してみることにしました。

低価格で入手できるWPS Office(旧称 KINGSOFT Office) は、UIのデザインが、Microsoft Officeにより近いので、Microsoft Officeを使いなれている人には、とても魅力的ですが、無料で利用できるLibreOfficeは、使い方を選びません。手軽に利用できます。

オフィスソフトは、ビジネス用途のアプリケーションです。事務作業を行わなければ、ほぼ必要ありません。 文書を作成したり、計算を行ったり、ほかの人に説明するための資料を作成する際に役に立つソフトです。そして、無いと困ります。

手近に、Officeアプリケーションがない場合、無料で利用できるOfficeアプリケーションのLibreOfficeは、とても助かります。

Microsoft Officeの各アプリケーションとLibra Officeの各アピリケーションで同じファイルを編集する際の問題を把握しておくことが必要なります。 たとえば、職場ではMicrosoft Officeの各アプリケーションを使用する、 Microsoft Officeの各アプリケーションを使用している取引先に、Libra Officeの各アピリケーションで作成したファイルをやり取りする場合です。 結論としては、避けたほうが無難です。 互換性は、かなり高度になっていますので、ファイルが読み込めない場合は少ないと思います。 ただ、Wordとwriterの相互で、文書ファイルを変更する場合、どこに書いてあるのかのページ数が変化します。

「Pxxに書いている、XXXについて教えてください。」と問い合わせがあったさい、Wordとwriterと環境が異なっていると、該当文書が違うページに存在することになります。 意思疎通が難しくなります。

インストール

インストールは、簡単です。インターネット経由で、インストーラーをダウンロードし、実行するだけです。

インストール後、そのまま使い始めることもできますが、多少の設定を行ったほうが、後々便利かと思います。

ドキュメント

LibnraOfficeのドキュメントは、公式サイトで英語で記述されたものがダウンロードできます。※確認した時点(2017.11.28)では、公式サイトのドキュメントは、有料の印刷物以外は、リンク切れ。 「LibreOfficeのwiki」から、ダウンロードする必要があります。

LibreOfficeのショートカット

LibreOffice Witerの使い方

Witerは、ワープロソフトです。Microsoft Officeでは、Wordに当たります。外国で開発されたソフトなので、日本語で使用する場合は、多少違和感があります。 今では、ワープロソフトはほとんどなくなってしまいましたが、今でも日本で開発されているワープロソフトには、一太郎があります。

ワープロソフトは、段組みを細かく指定せずに、文章と図や表を一緒に記録する際に、最も効率的なアプリケーションです。 しかし、書籍や雑誌を作成するときのようにきっちりと段組みやデザインを作りこむ際には向いていません。 その際は、DTPやドローソフトのほうが適しています。一方、ワープロソフトは、下書きや書類、資料を作成する際は、とても便利に利用できます。

私は、Webページを作成する前の下書きを作成する際に利用しています。文章と画像を一緒に扱うには、とても便利なアプリケーションです。 下書きをワープロソフトで書いた後、htmlに書き直したり、ブログの入力画面に張り付けて利用しています。画像と文章を一緒に記載できるので、イメージの確認がしやすい利点があります。

LibreOfficeでマクロを使う

定形作業の処理、入力の確認、同じ作業の繰り返しなど、マクロで処理ができれば、作業負荷の軽減ができます。LibreOfficeでもマクロは使えます。

LibreOffice calcの使い方

Calcは、表計算ソフトです。Microsoft Officeでは、Excelに相当します。

値を入力して計算する場合に使用します。後から値が修正できるので、電卓で計算するより楽です。そのことから、請求書や領収書の作成や経理計算に使用します。

大量のデータを扱う際は、表計算ソフトだけで処理するだけでなく、データは、データベースに置き、表計算ソフトで操作する方法を取ると良いそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」