Home > コンピュータ > LibreOffice > ドキュメント

ベクトルドロー・レベルゼロ

LibreOfficeのドキュメント

広告

新規作成日 2019-06-07
最終更新日

Officeアプリケーションは、多くの機能があります。LibreOfficeでも同様です。知らない機能を探す方法の1つに、ドキュメントを探す方法があります。

LibreOfficeは、オープンソースプロジェクトのため、頻繁にバージョンアップが行われます。そのため、ドキュメントの更新が、アプリケーションの更新に間に合わないことがあります。

自分のよく使う機能については、自分で使い方をまとめておくなどの対応が必要になります。

公式ドキュメントは英語です

残念な事に、公式ドキュメントは、英語で書かれたものが配布されています。

英語で直接読める人は、そのまま、一度訳さないと読めない人は、odt形式のファイルをダウンロードし、必要なところから翻訳していきましょう。翻訳した箇所を差し替えていくと、必要な部分が日本語に訳されたファイルになります。

日本語で書かれた情報を探す

LibreOfficeは、OpenOfficeから分岐したプロジェクトです。そのため、OpenOfficeも含めると、インターネット上には、かなり多くの日本語の情報が存在します。有益な情報が記載されたサイトを探しておくことは、LibreOfficeを使う上では重要です。

調べたことは、現在のLibreOfficeのバージョンの状態を反映した情報を加えて、自分で整理して発信すると良いと思います。

JA福岡市が「LibreOffice」を導入する際に配布した職員向けマニュアル。
LibreOfficeのショートカット
正規表現

日本語コミュニティに参加する

公式の掲示板があるので、調べてわからない場合には、質問を投稿すると良いと思います。

LibreOfficeに関する質問は、この掲示板以外のQ&Aサイトでは、ほとんど、有効な回答が得られません。LibreOfficeに関しては、この掲示板を使うことをお薦めします。

LibreOfficeマクロのドキュメント

LibreOfficeマクロは、Microsoft OfficeのVBAとは、異なります。Microsoft OfficeのためにVBAで作成されたマクロは、作成し直すか、修正する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加