Home > コンピュータ > LibreOffice > Witer

ベクトルドロー・レベルゼロ

LibreOfficeのワープロソフトWiter

広告

新規作成日 2017-06-14
最終更新日

Witerは、ワープロソフトです。Microsoft Officeでは、Wordに当たります。外国で開発されたソフトなので、日本語で使用する場合は、多少違和感があります。 今では、ワープロソフトはほとんどなくなってしまいましたが、今でも日本で開発されているワープロソフトには、一太郎があります。

ワープロソフトは、段組みを細かく指定せずに、文章と図や表を一緒に記録する際に、最も効率的なアプリケーションです。 しかし、書籍や雑誌を作成するときのようにきっちりと段組みやデザインを作りこむ際には向いていません。 その際は、DTPやドローソフトのほうが適しています。一方、ワープロソフトは、下書きや書類、資料を作成する際は、とても便利に利用できます。

LibreOffice Witerの初期設定

LibreOfficeのワープロソフトWiterは、そのまま使い始めることもできますが、初期設定のまま使うのは、あまりお勧めしません。 最初から、すべての設定を行って、使いやすくカスタマイズしてから使用するのが理想的ですが、残念ながら、そこまで使い込んでいません。 最初に行っておいたほうがいいと思われる設定をいくつかを紹介します。

使う用途に合わせてテンプレートを作成し、そこに、書式やデザインを格納します。そうすることで、統一したデザインで、文書が作成できます。 一人で使用するときも便利ですが、複数人で資料を作成し、それをまとめて、さらに、いくつかの資料を作成する場合は、さらに、重要になります。

  • ファイルの保存場所を設定する
  • 用紙の余白設定をする
  • スタイルを設定し、テンプレートを作成する
  • タブ設定

文書に画像を挿入する

LibreOfficeのワープロソフトWiterで、文字を入力する以外に、文書に画像を挿入する場面は、頻繁にあると思います。 文書に画像を挿入する操作について紹介します。

Word 2013では、gif動画には対応していませんでしたが、LibreOffice Writerでは、gif動画に対応しており、文書の中で、gif動画のアニメーションが動作します。

LibreOfficeでスペルチェックを利用する

LibreOfficeでは、日本語のスペルチェックは使用できませんが、欧文のスペルチェックは利用できます。

LibreOfficeで、htmlファイルを作成する

私は、Webページを作成する前の下書きを作成する際に利用しています。文章と画像を一緒に扱うには、とても便利なアプリケーションです。 下書きをワープロソフトで書いた後、htmlに書き直したり、ブログの入力画面に張り付けて利用しています。画像と文章を一緒に記載できるので、イメージの確認がしやすい利点があります。

ただ、htmlに書き直す際は、予め作成してあるテンプレートに、タグを追加しながら、コピー・アンド・ペーストして作成しています。

LibreOfficeの文書から、そのままhtml形式のデータが入手できると作成時間の軽減が期待できます。しかし、LibreOfficeから、html形式で保存すると、使いにくいhtmlファイルが作成されます。

LibreOfficeのWriterで、コードを強調表示する

LibreOfficeのWriterで、プログラムに関する文書を作成する際、コードハイライトつまりコードの強調表示をして、コードを読みやすくしたいと考えると思います。コードの強調表示を実現する拡張機能があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」