Home > コンピュータ > LibreOffice

ベクトルドロー・レベルゼロ

LibreOfficeをインストールする

広告

新規作成日 2017-06-13
最終更新日

LibreOfficeは、OpenOfficeのバリエーションの1つです。フリーウエアに対して、 Oracleは、出資に積極的なのですが、フリーウエアを作成するプログラマにはあまり人気がなく、Oracleの出資の後に瓦解することがよくあります。 LibreOfficeもその1つで、OpenOfficeから、分岐しました。

ユーザーからの定評も高いので、無料のOfficeアプリケーションで何を使用するか迷ったときは、まず、OpenOfficeから使ってみるのが、良いかと思います。

ダウンロード

LibreOfficeの公式ページに移動し、インストーラーをダウンロードします。

LibreOfficeの公式ページに移動し、インストーラーをダウンロードします。 LibreOfficeは、Windows, MacOSX, Linuxの3つの主要なOS上で動作します。お使いのOS向けのインストーラーを選択します。

Windowsの64bit版の場合は、LibreOfficeの64bit版を使用したほうが、動作が早いです。

Windows版のインストーラーをダウンロードする

このサイトでは、 Windowsについての情報を記載しています。そのため、Windows版をインストールします。

インストール

ダウンロードしたファイルを実行します。

ダウンロードしたファイルを実行します。

インストーラーが起動し、インストールが始まります。

インストーラーが起動し、インストールが始まります。

セットアップの種類を選択します。ここでは、標準を選択しました。

セットアップの種類を選択します。ここでは、標準を選択しました。

スタートアイコンを設置するかの選択です。インストールボタンをクリックします。

スタートアイコンを設置するかの選択です。インストールボタンをクリックします。

インストールが始まります。

インストールが始まります。

しばらくするとインストールが完了します。完了をクリックして、インストーラーを終了します。

しばらくするとインストールが完了します。完了をクリックして、インストーラーを終了します。

起動するとこのような画面が表示されます。左側から、利用するアプリケーションやファイルを選択します。

起動するとこのような画面が表示されます。左側から、利用するアプリケーションやファイルを選択します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」