Home > Illustlation > グラフィックツール

ベクトルドロー・レベルゼロ

グラフィックツール

広告

新規作成日 2015-12-08
最終更新日

コンピューターで、書類や説明資料、Webコンテンツを作成する際、ワープロソフトとは別に、グラフィック・ツールが必要です。 コンピューターで、説明図や模式図の作成、写真の加工などを作成する際に必要になります。

グラフィック・ツールの分類

大きくは、以下のように分類することができるのではないかと思います。

  • ペイント系

    線や円をドットの塊として認識しています。その為、最初に作成するときに一番拡大して使用するサイズを意識して、描画寸法を決める必要があります。 ドットで管理しているので、水彩のようなグラデーション表現、写真のレタッチ、コミック、アイコンなどのドット絵を描くのに向いています。

  • ドロー系

    文字や線、円などを要素として扱いその都度描画しているので、、拡大しても画質が劣化しません。 ポスターなどの大きく拡大する画像、プロッタやカッティングプロッタ、レーザーカッターで使用するパス、お品書きやメニュー等の部分に別れ書き換えるもの、 新聞や雑誌などの紙面のように、作り込んだ段組を組み立てるときに使うと良いと言われています。

  • DTP系

    新聞や雑誌、書籍などのような、印刷の原版を作成する目的で使用されます。 印刷物のほとんどは、DTPアプリケーションで作成されていると思われます。ドロー系のグラフィック・ツールでも代用が可能です。

主なグラフィックツール

ペイント系

主に、イラストの作成に使用されます。拡大すると画質が劣化する特徴があるので、作成する際に十分な大きさで作成する必要があります。

ドロー系

拡大しても画質が劣化しない特徴から、チラシ、ポスターなどの作成に使用されます。

DTP系

チラシや壁新聞、カタログ、雑誌や書籍の印刷原稿の作成に使用されます。

ドット絵エディタ

ブログやホームページで使用する、アイコンやバナー、アプリケーションで使用するアイコンなどを作成するには、ドット絵エディタを使用すると便利です。

KH IconStudio2015 [Microsoft ストア配布バージョン ][ShareWare 1,620円(税込)支払いはシェアレジ]

KH IconStudio2015 [Microsoft ストア配布バージョン ]

それぞれのツールペインは、ドッキングウィンドウで構成されています。アイコンファイルやカーソルファイルも作成できます。

周辺機器

マウス

耐久性を考慮すると、マイクロソフトやロジクールなどのメーカーが発売している製品がお薦めです。マウスは消耗品などで、ボタンの感度が悪くなってきたら、新たしいものに交換しましょう。

ペンタブレット

ほとんどグラフィック・ツールでしか使用されていない入力ディバイスに、ペンタブレットがあります。ほぼ、WACOMというメーカー1社で市場を占有しています。特に、こだわりが無ければ、WACOMの製品を使用するのが安全です。

ペン入力装置だけの機能を持つペンタブレット、ディスプレイの機能も併せ持つ液晶ペンタブレットがあります。液晶ペンタブレットは、紙にペンで描くのと同じように、ペン先の位置に画像が表示されるので、人気があります。

ペン先は、消耗品です。定期的な交換が必要になります。ペンタブレットや液晶タブレットに保護フィルムを貼ると感度が変わることがあるようなので、感度の変化しない保護フィルムを使用する必要があります。

また、ペンでイラストを書く際と同じように、親指、人差し指、中指を切り取った手袋を使用したほうが使いやすくなります。

プリンタ

漫画原稿を作成する場合は、原稿がB4指定の場合が多いので、A3プリンタを選択する必要があります。 高頻度に使用(週に1度以上の印刷)しない場合は、レーザープリンターを使用したほうが便利です。 インクジェットプリンターでは、高頻度に使用(週に1度以上の印刷)しないとヘッドでインクが固まってしまいやすく、 その結果、ヘッドが詰まるので、ヘッドクリーニングを頻繁にする必要があったり、頻繁に故障する事になります。

一番お買い得なA4低価格カラーレーザープリンタについて考える

カラーマッチングツール

グラフィック・ツールは、色を扱います。印刷物とディスプレイでは、色が異なります。 印刷物は、反射した光を認識し、ディスプレイでは、光自体を認識します。印刷物は、同じ色を再現するためには、紙ごとに印刷する色を調整する必要があります。 また、ディスプレイは、使用しているディスプレイごとに色が微妙に異なります。

印刷物とディスプレイの色が大きくことがなると、ディスプレイ上で印刷物の色を調整することができません。そこで、それぞれの色の違いを小さくするように調整する必要があります。

本来、人の目で、色合いが近くなるように調整すればいいのですが、商業的には、もっと広範囲で色を同じに保つ必要があります。そこで、色を測定し、調整する装置が販売されています。

厳密には、ディスプレイ、プリンタ、スキャナそれぞれを測定し、コンピューター上の色を表す値と表現される色をできるだけ同じに保つ必要があります。

スキャナ

印刷物や紙に書いた手書きイラストをパソコンに画像データとして取り込むときに使用します。 イラストの下書きを手書きで描き、それを画像としてパソコンに取り込みトレースしてイラストを作成する方法があります。

デジタルカメラ

映像や作画資料の記録に使用します。カメラ本体だけでなく、撮影ボックス、三脚、照明、背景紙、背景布などの撮影資材が必要になります。

大きな紙に印刷された資料を画像データとして取り込む際は、スキャナより、デジタルカメラの方が便利な場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」