Home > Illustlation > グラフィックツール

ベクトルドロー・レベルゼロ

グラフィックツール

広告

新規作成日 2015-12-08
最終更新日

グラフィックツールは、大きくドロー系とペイント系に分類できます。

ドロー系は、文字や線、円などを要素として扱いその都度描画しているので、、拡大しても画質が劣化しません。ポスターなどの大きく拡大する画像、プロッタやカッティングプロッタ、レーザーカッターで使用するパス、お品書きやメニュー等の部分に別れ書き換えるもの、新聞や雑誌などの紙面のように、作り込んだ段組を組み立てるときに使うと良いと言われています。

DTP系は、書籍や雑誌、新聞などの出版などに使用するツールです。ワープロソフトでは困難な複雑な段組みを作成することができます。しかし、一度作成したデザインを追加、修正することは一般に困難な場合が多いです。ドローツールの一種と考えることができます。

ペイント系は、線や円をドットの塊として認識しています。その為、最初に作成するときに一番拡大して使用するサイズを意識して、描画寸法を決める必要があります。ドットで管理しているので、水彩のようなグラデーション表現、写真のレタッチ、コミック、アイコンなどのドット絵を描くのに向いています。

ドット絵エディタは、ペイント系の一種ですが、アイコンやバナーやゲームキャラクターなど小さい画像を描く際の専用ソフトとして作り込まれています。

ペイント系

ドロー系・DTP系

ドット絵エディタ

ブログやホームページで使用する、アイコンやバナー、アプリケーションで使用するアイコンなどを作成するには、ドット絵エディタを使用すると便利です。

KH IconStudio2015 [Microsoft ストア配布バージョン ][ShareWare 1,620円(税込)支払いはシェアレジ]

KH IconStudio2015 [Microsoft ストア配布バージョン ]

それぞれのツールペインは、ドッキングウィンドウで構成されています。アイコンファイルやカーソルファイルも作成できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」