Home > コンピュータ > コンピュータ操作 > ハードウェア > プリンタ > 低価格カラーレーザープリンタ

一番お買い得なA4低価格カラーレーザープリンタについて考える

ページ作成日 2015.05.16
最終更新日

たまにしか使わない環境でインクジェット・プリンタを使用することは、トラブルしかもたらしません。そこで、プリンタは、レーザープリンタを選ぶことになります。そして、レーザープリンターを購入する際、スタートアップトナーの量は重要です。 スタートアップトナーの量が少ない製品は避け、高価格帯のグレードを購入したほうが、次に使うトナーカートリッジの価格を考えると割安な場合が多いです。

インクジェットプリンターは、頻繁に使用しないと壊れやすい

インクジェット・プリンタは、頻繁に使用しない環境ではトラブル源です。買わないほうが良いとまで言われています。使いたいときに、印刷ヘッドがインクで詰まっていて、ヘッドクリーニングで数分待たされたり、買い換えや修理を迫られたりします。

インクジェット・プリンタは、頻繁に印刷していれば、インクは常に新しものを使っている状態になり快適に使用できます。ところが、たまにしか印刷しない場合、インクはじわじわと蒸発し濃度が濃くなっていきます。そして、印刷ヘッドに残ったインクが乾き、最後には、印刷ヘッドの中で固まってしまい。修理しないと使えなくなります。更に、互換カートリッジや互換インクを使用すると更に印刷ヘッドが詰まりやすくなります。その上、純正インクを使っていないと修理も断られます。

コンビニプリントは、お得だけどコンビニに行く必要がある

たまにしか印刷しない環境では、コンビニプリントは、プリンターを購入せずに印刷ができるためお得です。使用するときだけを使用することができる最も経済的な選択肢です。

しかし、印刷して、内容を確認し、内容を修正し、再度印刷する繰り返しを行うとき、自宅のパソコンとコンビニの複合機の間を行き来するのは、かなりの運動になり、運動不足の解消と中性脂肪が燃焼される利点が得られるものの。書類を作成するには作業効率が悪いので、時間に追われているときはイラッときます。

ちなみに、移動の際に、印刷物がしわくちゃになるのを避けるために、書類ケースを利用することをお勧めします。

たまにしか使わないけど手元にプリンタがほしい

たまにしか使わないけど、印刷するときは印刷するので、手元にプリンタがほしい場面はたくさんあります。結果、たまにしか使わないのにプリンタを購入することになります。

先に述べたように、たまにしか使わない環境でインクジェット・プリンタを使用するのは、トラブルしかもたらしません。そこで、プリンタは、レーザープリンタを選ぶことになります。

お得なプリンタが購入したい

インクジェットプリンターを使っていると、プリンタ本体は安くてもインクカートリッジを頻繁に購入する必要があり、面倒な上、インクの購入コストが負担になるとともに、無くなったときのために、インクを在庫しておく必要があります。

レーザープリンタでは、インクではなく、トナーを使用します。レーザープリンタをお得に購入するには、プリンタを購入する際に付属されているスタートアップトナーの量を確認しておく必要があります。トナーは、インクと異なり、印刷できる枚数が明示されています。写真や画像などのベタ塗りを印刷する際は、当てになりません(印刷可能枚数は少なくなります)が、文字が主体で、図や写真が多少含まれている書類を印刷する際は、かなり妥当な値になります(枚数を検知し、枚数を越えたところで印刷できなくしている可能性もあります)。

カラープリンターであれば、4色のトナーカートリッジを購入すると、プリンタ本体の価格を上回ることもあります。スタートアップトナーの量が少ない場合、スタートアップトナーの量の多い、上位機種を購入したほうがお得なことがあります。そのため、プリンタ本体価格の他に、プリンタに付属しているトナーの印刷可能枚数を考慮して、購入する機種選択を行う必要があります。プリンタを購入して、それほど期間を開かずにトナーカートリッジを交換する状況はできることなら、避けたいものです。印刷可能枚数の少ないトナーカートリッジ(1000枚以下)しか利用できない機種では、コスト負担とトナーカートリッジの交換の手間が大きいので使っていると辛くなります。

さらに、印刷コストを考えれば、大容量のトナーカートリッジが用意されている機種を選択したほうがお得です。

トナーカートリッジは、在庫している店舗は少ないので、注文して取り寄せるか、通販で購入することになります。そのため、トナーカートリッジの入手性は、プリンタを選択する際、重要ではありません。

壊れたときには

本体の故障について、レーザープリンターは、業務用の機種なので、壊れた時、修理を依頼すると出張修理などの対応になります。型落ち品を低価格で購入していると、購入価格より高くなります。その場合、他の機種に買い換えるか、オークションなどで、トナーや消耗品の交換時期に達した同型機を落札し、故障した機種のものと差し替えて使用する方法があります。後者の方法は、費用負担が低いのでおすすめです。

使わないときには

長期間使用しない時は、インクジェットプリンターと異なり、コンセントを抜いておきましょう。待機電力の節約と基盤故障の予防になります。

レーザープリンタの印刷物は水濡れにつよい

レーザープリンタは、色のついた樹脂の粉末(トナー)を熱で溶かして印刷するため、水に濡れてもにじみません。印刷したあと、水性マーカーや蛍光ペンで印刷した文字の上をなぞっても文字がにじむことはありません。

あると便利!両面印刷機能

両面印刷は、大量に印刷した際の印刷物のかさが減るため、収納に便利です。ホチキス止めだと裏面が読みにくいので、簡易製本を利用すると冊子の状態になるため、読みやすく、また、収納もしやすくなります。レーザープリンターの両面印刷は、単純に、片面印刷の倍の時間になるわけではありません。機種によっては、両面印刷と片面印刷の時間が同じ機種もあり、その場合は、体感的には、印刷時間は半分になります。

レーザープリンタを購入する前の注意点

頻繁に印刷しないのに、プリンタがほしい場合は、レーザープリンターを購入の選択肢に入れましょう。小規模の事業所向けに開発された機種の型落ち品が狙い目です。頻繁に印刷しないようでは、印刷方式の違いから、インクジェットプリンターより、圧倒的に、トラブルば少ないです。また、インクジェットプリンターでは、しばらく印刷していないと、印刷前にヘッドクリーニング動作が行われるため、ファースト印刷までに2分以上待たされます。レーザープリンターであれば、通常通りです。(1分ぐらい)

レーザープリンターは、写真印刷には、向いていません。そして、光学ディスクのレーベル印刷には使用できません。そして、縁無し印刷には対応していません。両面印刷は、利用できる印刷用紙の大きさが決まっています(通常、はがきは両面印刷できません)。

写真に関してはプリントサービスを利用すると良いと思います。

プリンタ購入時の検討ポイント

私の考える家庭で使うカラーレーザープリンターの選定のポイントについてまとめてみます。

  • 用紙サイズ

    多くの枚数印刷する場合は、A3機の方がトナーカートリッジの印刷可能枚数がい多いのでお得です。価格と本体大きさを考えるとA4機が優れていますが、ビジネス用途では、印刷速度の速さから、A3機が使われることが多いです。また、中綴じホチキスを 使った2つ折り製本を考えている場合は、A3機がいいと思います。

  • 価格

    プリンタ本体価格とスタートアップトナー量をあわせて考えましょう。スタートアップトナー量が少なければ、プリンタ本体を購入したあと、直ぐに次のトナーを使用する必要が生じます。 次のトナー合わせて購入する価格を考えると、スタートアップトナー量の多い、上位機種を購入したほうが結果として安くなる場合があります。お買い得な機種は、生産終了の場合が多いですが、トナーなどの消耗品は、継続して提供されいることが多いです。純正トナーが入手できなくなれば、互換トナーを使う選択肢があります。ドラムの交換時期になったら、お買い得な機種に買い替えましょう。

  • スタートアップトナーの量

    私が一番重視する項目です。インクジェットプリンターとは、異なり、カタログでスタートアップトナーの量を確認できる機種が多いです。 トナーカートリッジの交換は、4本すべて交換すれば本体より高額になります。そのため、購入時に付属するトナーの量は重要です。 大容量のトナーカートリッジが洋裁されている機種の方が、ランニングコストは低下する傾向があります。

  • 両面印刷

    使用する用紙の数が減るため、印刷物の保管が楽になります。両面印刷は、印刷できる用紙サイズが限定されています。レーザープリンターでは、はがきは、ほとんどの機種で両面印刷できません。 私は、ある程度の枚数の場合は、ホットメルト製本 で製本してしまうので、片面印刷はまず使用しません。

  • 印刷速度

    家庭での使用の場合は、あまり気にする必要はないと思います。 レーザープリンターの場合は、両面印刷速度は、片面印刷速度の2倍の時間がかかる機種だけではなく、片面印刷と同じ速度で両面印刷が可能な機種が存在します。 通常使用する場合の印刷速度は、プリンタのメモリ量(多いほうが早い事が多い)やCPUの速度でも異なります。A3機の方が、A4機より印刷速度が早いことが多いです。

  • 用紙トレイの大きさ

    これも特にこだわる必要はありませんが、用紙トレイのサイズが500枚以上あるとPPC用紙が一包まとめて入るので、用紙の保管がかなり楽になります。

購入機種の調査

レーザープリンタは、新機種への切り替えに伴う現品処分や在庫処分の際に安く販売されます。そのため、A3機などでもA4機並の価格で販売されているときがあります。設置場所とプリンタ本体の重さが問題にならなければ、かなりお得です。これは、A4機よりもA3機のほうが、スタートアップトナー量が多く、大容量トナーの量も多いことが多いため、トナー交換時の回数が少なくなるからです。また、印刷速度も早くなることが多いです。

スタートアップトナーの量に着目して、低価格で販売されている機種について調べてみました。スタートアップトナー量は、規定の条件での印刷枚数で示されます。A3機でもA4の印刷枚数で示されています。これは、印刷速度でも同じです。スタートアップトナーの量の明示がない機種については、交換用トナーの量の少ない製品の値を用いました。印刷コストは、用意されている一番大容量のトナーカートリッジで計算されているはずです。小容量トナーでは、それよりも高くなることに注意して下さい。

スタートアップトナーの量が1000枚ということは、両面印刷であれば、PPC用紙1袋500枚ですので、1袋を使い切るとトナーも交換と考えることができます。そのため、スタートアップトナーの量が1000以下の機種では、もう1セット(4色分)のトナーカートリッジの購入代金が短期間で追加で必要になる可能性が高くなります。そのため、購入金額を考え直し、もう1つ上の価格帯の機種を含めて検討しなおしたほうが適切だと思います。インターネット上で、レーザープリンターに批判的な意見を述べているかたは、まず間違いなくスタートアップトナーの量が1000枚の機種を選択しています。本体購入後、期間を開けずに、4色のトナー交換が必要になれば、その不満も理解できると思います。家庭で利用するレーザープリンターの購入で満足感を得るには、スタートアップトナーの量が2000枚は、必要だと思います。2000枚であれば、数年、トナーを交換する必要が無いと思います。

PPC用紙の1包が、500枚です。通常、書類の印刷であれば、規定の条件と変わらないようで、スペック通りの枚数が印刷できます(印刷枚数で、印刷できない設定を取り入れている可能性もあります)。印刷面全面を印刷する背景紙やポスターを印刷した場合は、より少ない枚数で印刷できなくなるはずです。

A3機では、トナーとドラムが別々になっており、それぞれ交換が必要です。大量に印刷する用途では、注意して下さい。 プリンタ本体を廉価な価格で購入していれば、ドラム交換が必要になった際に、買い換えることになると思います。

購入機種の調査

カラーレーザープリンターは、在庫の整理とメーカーの撤退により、価格の上昇が見られます。価格差によっては、A4機より、A3機を選択したほうが良い可能性があります。これは、A4機よりもA3機のほうが、スタートアップトナー量が多く、大容量トナーの量も多いことが多いため、トナー交換時の回数が少なくなるからです。また、印刷速度も早くなることが多いです。

スタートアップトナーの量に着目して、低価格で販売されている機種について調べてみました。スタートアップトナー量は、規定の条件での印刷枚数で示されます。A3機でもA4の印刷枚数で示されています。これは、印刷速度でも同じです。スタートアップトナーの量の明示がない機種については、交換用トナーの量の少ない製品の値を用いました。印刷コストは、用意されている一番大容量のトナーカートリッジで計算されているはずです。小容量トナーでは、それよりも高くなることに注意して下さい。

スタートアップトナーの量が1000枚ということは、両面印刷であれば、PPC用紙1袋500枚ですので、1袋を使い切るとトナーも交換と考えることができます。そのため、スタートアップトナーの量が1000以下の機種では、もう1セット(4色分)のトナーカートリッジの購入代金が短期間で追加で必要になる可能性が高くなります。そのため、購入金額を考え直し、もう1つ上の価格帯の機種を含めて検討しなおしたほうが適切だと思います。インターネット上で、レーザープリンターに批判的な意見を述べているかたは、まず間違いなくスタートアップトナーの量が1000枚の機種を選択しています。本体購入後、期間を開けずに、4色のトナー交換が必要になれば、その不満も理解できると思います。家庭で利用するレーザープリンターの購入で満足感を得るには、スタートアップトナーの量が2000枚は、必要だと思います。

PPC用紙の1包が、500枚です。通常、書類の印刷であれば、規定の条件と変わらないようで、スペック通りの枚数が印刷できます(印刷枚数で、印刷できない設定を取り入れている可能性もあります)。印刷面全面を印刷する背景紙やポスターを印刷した場合は、より少ない枚数で印刷できなくなるはずです。

A3機では、トナーとドラムが別々になっており、それぞれ交換が必要です。大量に印刷する用途では、注意して下さい。

両面印刷可能な機種について調査します。

レーザープリンターとスタートアップトナーの量:A4カラー・両面印刷対応(2019.10.01時点)
製品名  印刷速度  スタートアップトナーの量 印刷コスト(*3)
カラー モノクロ
片面 両面 片面 両面 カラー モノクロ カラー モノクロ
RICOH SP C260L 20 12 20 12 1000 1000 16.4 3.7
Color MultiWriter 5800C PR-L5800C 23 16 23 16 800 800 16.3 3.3
COREFIDO C332DNW 26 14 30 16 2000 2000 12.2 3.0
HL-L3230CDW 24 8(*3) 24 8(*3) 1000 1000 17.4 3.1
LBP612C 18 18 18 18 1400(*1) 1300(*1) - -
  • (*1)標記がなかったので、一番少量の交換用トナーカートリッジの容量を記載。そのため、実際の容量は不明。
  • (*2)両面印刷時の片面分の印刷速度です。両面分の印刷速度は3.5枚/分となります。
  • (*3)両面印刷時の片面分の印刷速度です。両面分の印刷速度は4枚/分となります。
  • (*4)DocuPrint CP210 dwとColor MultiWriter 5800C PR-L5800Cが、同一機種の可能性が高いので、Color MultiWriter 5800C PR-L5800Cの値を参考にしました。
  • (*6)同じトナーを使用する複合機(MFC-9340CDW, DCP-9020CDW)のスタートアップトナーの量を参考にしました。

リコー A4カラーレーザープリンター RICOH SP C260L

amazon 楽天 Yahoo!ショッピング 公式サイト

日本電気 A4カラーページプリンタ Color MultiWriter 5800C PR-L5800C

amazon 楽天 Yahoo!ショッピング 公式サイト

COREFIDO2 A4カラーLEDプリンタ C332DNW

amazon 楽天 Yahoo!ショッピング NTT-X Store ヤマダウェブコム eBEST 公式サイト

5年間無償保証/メンテナンス品無償提供

キヤノン A4対応カラーレーザープリンターCanon Satera (サテラ) A4カラー LBP612CS

amazon 楽天 Yahoo!ショッピング ヤマダウェブコム eBEST

LBP612Cのスペシャルプライスモデル

キヤノン A4カラーレーザービームプリンター Satera LBP612C

amazon 楽天 Yahoo!ショッピング eBEST 公式サイト

沖データ A3カラーLEDプリンタ COREFIDO2 C824dn

amazon 楽天 Yahoo!ショッピング NTT-X Store ヤマダウェブコム 公式サイト

A3カラープリンタです。購入後5年間の無償保証/メンテナンス品5年間無償提供。スタートアップトナーは、2500枚。商品終了時の特価状態(44,000円前後。2019-10-05)に入り始めていると思います。製品の終了間際には、取り扱い店舗が少なくなり価格が上昇し、後継機の方が、安くなっている場合があることに注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加