Home > コンピュータ > コンピュータ操作 > ハードウェア > プリンタ

プリンタ

一番お買い得なA4低価格カラーレーザープリンタについて考える

プリンタが壊れてしまったので、買い替えるために、低価格カラーレーザープリンタのスタートアップトナーの量を比較しました。 スタートアップトナーの量が多ければ、プリンターを購入した後、最初にトナーカートリッジを交換するまでの期間が長くなります。

印刷頻度が低い場合に向いたプリンタ

プリンタは無ければ不便ですが、あまり頻繁に使わない。 そのような使い方をすると最適なプリンタは、一般に推奨されるものとは異なることが多いです。

実売6万円以下で、カラーレーザー(LED)プリンター複合機のスタートアップトナー量を比較する

レーザープリンターを購入する際、スタートアップトナーの量は重要です。 スタートアップトナーの量が少ない製品は、高価格帯のグレードを購入したほうが、次に使うトナーカートリッジの価格を考えると割安な場合が多いです。

いちばんお得なモノクロレーザー(LED)プリンターについて考える

モノクロレーザー(LED)プリンターには、1万円以下のものから、 カラーレーザー(LED)プリンターと変わらない値段のものまで広く製品が存在します。 また、インクジェットプリンター複合機から、モノクロレーザー(LED)プリンター複合機に移行しようといった需要も存在します。低価格の機種について、比較してみました。

名刺カッター

名刺をプリンタで作成したいという需要はありますが、名刺サイズの用紙を印刷できるプリンタは、あまり存在しません。 印刷する枚数によりますが、今使っているプリンタを使用して専用紙に印刷し、切断する名刺カッターも検討に含めると良いかもしれません。

カッティングプロッター

カッティングプロッターは、コンピューター出力装置の1つです。コンピューターで作成した線画データーをもとに、紙や布を切り抜くことができます。

インクジェットプリンター用印刷ヘッドクリーニング液

インクジェットプリンターの印刷ヘッドが詰まった時、プリンタのヘッドクリーニング機能で解消します。 プリンターのヘッドクリーニング機能で、印刷ヘッドのつまりが解消できない場合はどうしたらいいのでしょうか。

インクジェットプリンターの印刷物を水で滲まなくする方法

インクジェットプリンターの印刷物を水が濡れても使いたいときは、ラミネート加工や保護スプレーを使用する方法があります。

SPEEDIA V2000の話題

SPEEDIA V2000は、カシオから、販売されていたレーザープリンtナーです。カシオは、レーザープリンタ事業から撤退してしまいましたが、消耗品は現在でも提供されています。

プリンタが壊れました。

今まで、4年ほど使用していたCASIOのプリンタSPEEDIA V2000が壊れてしまいました。さて、何とかしなければいけません。

プリンタが壊れたので、同型機(SPEEDIA V2000)をオークションで手に入れた

今まで、4年ほど使用していたCASIOのプリンタSPEEDIA V2000が壊れてしまいました。 いろいろ検討の結果、壊れたプリンタと同型機(SPEEDIA V2000)をオークションで手に入れました。

K(黒)トナー終了(SPEEDIA V2000)

2010年の12月から使い出した、レーザープリンターのK(黒)トナーが、2015年06月に使い切りました。 家庭で使用し、使用頻度は低いとはいえ、レーザープリンターは、私の使い方ではかなりお得です。 インクジェットプリンターでは、こうはいきません。 今回は、トナー準備警告が出てから、トナーが終了するまでのカウンター値の比較です。

このエントリーをはてなブックマークに追加