Home > C# > 目的別資料 > エディタ > RichTextBox

ベクトルドロー・レベルゼロ

RichTextBoxを使用してテキストエディタを作成する

広告

RichTextBoxを使用してテキストエディタを作成する

WPFのRichTextBoxで、テキストエディタを作成する方法、その周辺の情報をまとめています。

msdnでは、ホームアプリとデスクトップアプリ両方のコードが混在して表記されています。 また、コードが、抜粋であったり、必要な情報が省略されていたりして、理解するためには、前提として知っていなければならないことがたくさんあります。 そのため、理解に至らないことがたくさんあります。 デスクトップアプリ向けに、あまり、関連知識を持っていなくても使える形にまとめました。 チュートリアルスタイルで、簡単なテキストエディタが作成できるようになっています。

RichTextBoxを使う

RichTextBoxを使う

新しいプロジェクに、RichTextBoxを作成します。

RichTextBoxをウィンドウに設置するだけで、アプリケーション内で文字が入力、編集できるウィンドウが作成できます。

RichTextBoxに編集ツールを追加する

RichTextBoxに編集ツールを追加する

WPFのRichTextBoxは、装飾可能なテキストが扱える、コンテナです。 このページでは、書式設定などの編集コマンドを追加する方法w紹介します。 これらの機能は、EditingCommandsクラスのメソッドとして提供されています。

アイコンイメージをリソースに追加する

アイコンイメージは予めリソースに登録しておく必要があります。

C#アプリケーションを開発する際、ツールバーに、アイコンイメージを使用する場合は、 あらかじめ、イメージファイルをリソースとして登録しておく必要があります。

RichTextBoxコンテンツの保存、読み込み、および印刷

RichTextBoxコンテンツの保存、読み込み、および印刷

WPFのRichTextBoxに入力した内容を、保存、読み込み、印刷機能を実装する方法について紹介します。

ファイルダイアログを追加する

ファイルダイアログを追加する

WPFのRichTextBoxの内容を保存、読み込む際に、ファイルを指定するダイアログボックスの使い方を紹介します。

WPFのRichTextBoxに、ファイルと編集ツールバーを設置する

ファイルと編集ツールバーを設置する

WPFのRichTextBoxに、ファイルと編集ツールバーのついたツールバーを設置します。

WPFのコマンドライブラリ

WPFでは、コマンドライブラリとして、基本的なコマンドがあらかじめ用意されています。

WPFのコマンド結合

WPFでは、コマンド結合という仕組みが利用されます。難しくはありませんが、わかりやすい説明が少なく、混乱しやすいので注意が必要です。

プログラムで、テキストを追加する

プログラムでテキストを入力します。

WPFの、RichTextBoxは、FormのRichTextBoxと異なり、フロードキュメントで書式付きテキストを扱います。 そのため、プログラムから、テキストを操作する場合の方法が異なります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」