Home > コンピュータ > 機械翻訳

ベクトルドロー・レベルゼロ

機械翻訳

広告

新規作成日 2015-12-07
最終更新日

概要

英語が苦手だと、ついつい気になる、機械翻訳ソフトについて調べてみました。

Webサービス、ブラウザ・アドオン、アプリケーションがあります。 スマートフォンやタブレットアプリについては、私が、スマートフォンやタブレットを持っていないので、ここでは扱いません。

PC向けソフトでは、ほとんどが開発が終了し、Webやクラウド上で動作するWebアプリケーションやすメートフォン向けに移行しています。 翻訳エンジンは、あまり種類がないような気がしました。

PC向けアプリケーション(スタンドアロン)製品とWebサービスの違い

使うとわかりますが、どちらも性能は微妙です。PC向けアプリケーションは、低価格帯のものを除き、翻訳メモリが利用できるのが利点です。 単語や文の訳を登録していくことで、翻訳精度が高くなります。つまり、以前に訳した文と同じ文では、同じ訳を表示してくれます。 この機能は、大きな利点です。

Webサービスでは、同じ機能があったとしても、業務用途では、情報が漏れそうで利用しづらいです。 また、登録している人にギブアンドテイク感が無く、搾取されているような気になりますので、1時期話題になったナレッジ・マネジメントと同じように、 フリーライダー対策が無かったり、機能しなかったりして情報提供者が損をする構図ができあがるので、かなりうまくビジネスモデルを構築しないと機能しないと思います。

Webサービスの利点は、無料で利用できるものが多いこと、新しい単語の訳が比較的早く反映されることです。

Webサービス

それぞれ、得手不得手があるので、複数のサイトを利用するといいと思います。

Google翻訳(外部サイト)

学習機能を持っていることが一番の特徴です。ネット上で、 同じ文を誰かが修正してくれていると、とても素晴らしい訳が出てきます(検索?)。 逆に自分で訳を修正すれば、他の誰かの助けになります。インターネットの相互支援的な思想で利用することが大切なサービスです。 そのため、PC系に限らず、専門用語は、かなり適切に当てはめてくるので、専門用語かどうかわからないときは、頼りになります。 たまに、元の文章と逆の意味になることが、他のサービスより多く発生するで注意が必要です。 秘匿したい文書には、使用してはいけません。 機械翻訳部分より、誰かが訳した訳文のデータベースとしての面がこのサービスの特徴になります。

weblio翻訳(外部サイト)

3つのエンジンでの翻訳が同時に表示されます。 英和辞典もページ内にあり、訳す対象の文の単語それぞれの訳も表示してくれます。

学習機能や相互対話機能はないので、単語の意味の変更など、翻訳結果の修正はできません。

Microsoft Translator(外部サイト)

MicorosoftWordからも呼び出すことができます。校閲 -> 翻訳 -> ドキュメント

学習機能や相互対話機能はないので、単語の意味の変更など、翻訳結果の修正はできません。

Yahoo!翻訳(外部サイト)

クロスランゲージの翻訳エンジンの翻訳サービス

学習機能や相互対話機能はないので、単語の意味の変更など、翻訳結果の修正はできません。

@nifty翻訳(外部サイト)

利用すると、ついつい広告もクリックしてしまうサイトデザインが秀逸です。アフィリサイトとしても見習いたいところがたくさんあります。

ブラウザ・アドオン

ホームページや掲示板の訳が確認したいときは、ブラウザ・アドオンとして追加するスタイルの翻訳ツールが便利です。

ネットワークで提供されている翻訳サービスや、他の言語の翻訳ソフトに開発リソースを取られているのか、 整理縮小の対象になって開発部門がなくなってしまったのか、開発が停止しているアプリケーションが多いです。 購入時は、その辺りも考えて選択しないと学習させた辞書や翻訳メモリがムダになります。

アプリケーションの特徴は、翻訳メモリです。ただ、低価格のアプリケーションには搭載されていないので注意が必要です。

ここで紹介するアプリケーションの中で、今でも開発が行われているのは、「LogoVista PRO」と「PC-Transer翻訳スタジオ」の2つです。

翻訳メモリとは

以前に訳した文と同じ文があれば、その時の訳を呼び出してくれる機能です。可変部分を指定して、登録することもできるアプリケーションが多いです。 その結果、翻訳エンジンで対応できない文の訳の訳文を呼び出すことが可能です。

また、改訂された原文を訳す際など、同じ文の訳は、以前のものが自動で呼び出されるので、かなり作業が効率化できます。

使用すればするほど、対訳が登録されていくので、翻訳効率が向上していくはずです。

注意点

複数人での作業を考えている場合は、ネットワーク対応しているものが無いか探してみましょう。翻訳辞書、翻訳メモリが共有できる可能性があります。

辞書の登録語数が表記されていますが、同時利用ができない場合があるので、注意が必要です。 存在する辞書セットの中から最大何個かを選択するスタイルが多いのではと考えています。

辞書の登録を増やしていくと動作が遅くなるものも存在します。

添付された辞書の登録語数で製品グレードが分かれていますが、単語登録や翻訳メモリの登録は手間なので、 より、多く辞書や用例が登録されている、高グレードの製品を選択したほうがいいような気がします。

別メーカーの製品に移行する場合は、使用している製品の辞書や翻訳メモリが移行できないか問い合わせてみましょう。

機械翻訳ソフトの位置付け

現状の、機械翻訳ソフトは、翻訳支援ソフトと考える必要があります。つまり、支援してくれるだけです。 そのため、使用者の英語力が低ければ、翻訳した文章は読みにくく意味がわからないものになります。 一度訳した文章は、翻訳メモリにより、その時訳したとおりに再現されます。自動で、完全な訳文を生成してくれるものではないことを理解しておく必要があります。

LogoVista

最新版は、LogoVista PRO 2018 (2017.10.13)。

PC-Transer翻訳スタジオ

購入の際は、優待版の適用条件が広く設定されているので、低価格の対象商品と優待版を購入したほうが、通常版を購入するより安い場合があります。

V23(2016-11-04)

翻訳ブレイン

最新バージョンは、翻訳ブレイン3です(2011.02.10)。発売元は、ジャストシステム クロスランゲージのOEM、サポート、ユーザー対応、アップデート対応は、クロスランゲージ社で行われています。 Windows8以降での使用際は、アップデートパッチ(メンテナンスパック)が配布されているので、入手し、適用する必要があります。 カタログ上の辞書語数は多いですが、辞書パッケージから複数を選択する形式なので、同時に利用できる語数には制限があります。

翻訳メモリを採用した翻訳アプリケーションの中では、低価格です。

翻訳ブレイン3とのつきあい方

The翻訳プロフェッショナル

最新版は、The翻訳プロフェッショナルV15(2011.09.09)。 開発は、終了し、サポート対応だけになっている可能性が高いです。

ATLAS 翻訳(公式ページ)

最新版は、V14.0 (2007.12.14)。 開発は、終了し、サポート対応だけになっている可能性が高いです。

体験版があります。

Benten(公式ページ)

オープンソースの翻訳支援ツール、翻訳ワークフロー支援ツールです。 2010.10が安定版の最新更新日で、開発が停止しているようです。

関連サイト

バベルMT(機械翻訳)研究会(外部サイト)

PC-Transer翻訳スタジオのレビューがあります

MeCab (和布蕪)(外部サイト)

関連していないかもしれませんが、オープンソース 形態素解析エンジンです。文節分けと品詞割り当てをしてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」