Home > C# > Toolkit > UIパターン > Prism > ドキュメント

ベクトルドロー・レベルゼロ

Prism Library 5.0 for WPFのダウンロードとセットアップ

広告

新規作成日
最終更新日

原文

「Download and Setup Prism Library 5.0 for WPF」(原文リンク)の和訳です。

「Download and Setup Prism Library 5.0 for WPF」(原文リンク)

パターンと実践 ディベロパー・センター

Microsoft Prism Library 5.0 for WPFの開発者のガイドから:

ドキュメンテーション、WPFのコード・サンプルとライブラリを含む、Prism 5.0に含まれていることを学びます。さらに、どこで、ライブラリとサンプル・ソースコードとNuGetパッケージ・ライブラリを取得するべきか調べます。

参考:「Developer's Guide to Prism Library 5.0 for WPF」の和訳

新しい機能、利点とAPIの変更のリストについては、「Prism 5.0の新機能」(原文リンク)についてを参照してください。

ドキュメンテーション

Documentation

Prismには、次のドキュメントが含まれています。:

NuGetパッケージ

NuGet Packages

  • Prism
  • NuGet依存関係パッケージ-Prism.Composition、Prism.Interactivity、 Prism.MvvmとPrism.PubSubEvents NuGetパッケージをダウンロードします。

  • Prism.Composition
  • モジュール性、UIの構成、ブートストラップ、インタラクティブ性、IActiveAware、ナビゲーションと非推奨のNotificationObjectとPropertySupport。

  • Prism.Interactivity
  • インタラクティブ性。

  • Prism.Mvvm
  • MVVMのためのPortableクラス・ライブラリーとMVVMをサポートする関連するプラットホーム固有のコード。 Commanding、BindableBase、ErrorsContainer、IViewとViewModelLocationProviderが含まれています。

  • Prism.PubSubEvents
  • PubSubEventsのためのPortableクラス・ライブラリー。

  • Prism.UnityExtensions
  • Unityに基づいて、Prismアプリケーションを構築するために、Prismに、これらの拡張を使用します。

  • Prism.MefExtensions
  • Managed Add-in Framework(MAF)に基づいて、Prismアプリケーションを構築するために、Prismに、これらの拡張を使用します。

 Namespace  Assembly  NuGet Package
 Microsoft.Practices.Prism.Logging Microsoft.Practices.Prism.Modularity Microsoft.Practices.Prism.Regions  Microsoft.Practices.Prism.Composition  Prism.Composition
 Microsoft.Practices.Prism.Interactivity  Microsoft.Practices.Prism.Interactivity  Prism.Interactivity
 Microsoft.Practices.Prism.Commands Microsoft.Practices.Prism.Mvvm Microsoft.Practices.Prism.ViewModel  Microsoft.Practices.Prism.Mvvm  Prism.Mvvm
 Microsoft.Practices.Prism.PubSubEvents  Microsoft.Practices.Prism.PubSubEvents  Prism.PubSubEvents

Prismのソースコードのダウンロードとセットアップ

Download and Setup the Prism Source Code

この項目は、Prismをインストールする方法を記述します。それは、次の3つがステップに含まれています。:

  • システム要件をインストールします。
  • Prismのソースコードとドキュメンテーションをダウンロードし、解凍します。
  • クイックスタート、リファレンス実装やPrismライブラリ・ソースコードをコンパイルと実行します。

ステップ1:システム要件をインストールします。

Install System Requirements

Prismは、Microsoft Windows 8デスクトップ、Microsoft Windows 7、Windows Vistaや Windows Server 2008オペレーティングシステム上で実行するように設計されていました。この手引きを用いてビルドされたWPFアプリケーションは、.NET Framework 4.5を必要とします。

あなたは、Prismライブラリを使用する前に、以下をインストールする必要があります。:

  • Microsoft .NET Framework 4.5(Visual Studio 2012でインストールされます)やMicrosoft .NET Framework 4.51
  • Microsoft Visual Studio 2012や2013 Professional、Premiumや、Ultimate版

備考

Visual Studio2013 Express Editionには、Prismライブラリを使用して、Prismアプリケーションを開発するために使用することができます。

必要に応じて、また、あなたは、次のインストールも検討する必要があります。

手順2:Prismのソースコードとドキュメンテーションをダウンロードし、解凍します。

Download and Extract the Prism Source Code and Documentation

あなたは、次のリンクから、Prismライブラリ、リファレンス実装とクイックスタートのためのソースコードをダウンロードすることができます:

Prism 5.0(原文リンク)

Prismの資産をインストールするために、exeファイルやzipファイルを右クリックし、そして、管理者として実行をクリックします。これは、あなたの選んだフォルダに、ソースコードを解凍します。

備考

株式のトレーダーのリファレンス実装とクイックスタートは、別々にダウンロードすることもできます。下記の表は、各ソースコードへの、リンクを示します。

Sample Category Description
株トレーダーのリファレンス実装 Prism

株トレーダーRIアプリケーションは、基本的なアーキテクチャを説明するリファレンス実装です。 アプリケーションの内では、あなたは、一般的で、繰り返し発生するソリューションへの挑戦を説明します。 その開発者は、複数の要素で構成されたWPFアプリケーションを作成するとき、直面します。 株トレーダーRIは、架空のものですが、現実的な金融投資の筋書きを説明します。

虚構の金融商品が組織化であるならばContoso財政投資(CFI)それは、実際の金融機関をモデルにしています。 CFIは、彼らの株式トレーダーで使用するために、新しい複合アプリケーションを構築しています。

Hands-on-LabのHello World(原文リンク) Get Started

Hello World Hands-on Labはhands-on labのための末端ソリューション 「Prism Library 5.0 for WPF Hands-on Labを使用してみましょう」(原文リンク)を説明します。 このラボでは、あなたは、Prismの基本的な概念を学び、そして、Prismライブラリ・ソリューションを作成するために、それらを利用するでしょう。 あなたは、それを、複数の要素で構成されたWPFをビルドするための出発点として使用することができます。

Unityのためのモジュール方式のクイックスタート(原文リンク)

MEFのためのモジュール方式のクイックスタート(原文リンク)

Modularity

モジュール方式のクイックスタートは、どのように、Prismを使用しているモジュールをコード化して、見つけ出して、初期化するかを説明します。 これらのクイックスタートは、複数のモジュールで構成されるアプリケーションを代表します。 これは、構成コンテナとしてMEFとUnityを使用して、Prismライブラリで、サポートされる異なる方法で、見つけ出され、読み込まれます。

MVVMクイックスタート(原文リンク) MVVM

MVVMクイックスタートは、ViewModelLocator、妥当性検証、 UIのインタラクションとデータテンプレートを使用して、ViewとView Modelを接続するような、 開発者が直面することができる、より一般の難問のいくつかを示す、MVVMプレゼンテーション・パターンを実装するアプリケーションを、 どのように、構築するかを説明します。

命令のクイックスタート(原文リンク) Commanding

Commandingのクイックスタートは、提供されるコマンドを使用するWPFのUIを、 Prismライブラリで、分離された方法でUIの動作を処理するために、どのように構築するかを説明します。

UI構成のクイックスタート(原文リンク) UI Composition

このクイックスタートは、動的に領域にロードされ、切り離された形で互いに対話する、 異なるビューで構成されるWPFのUIを、どのように構築するかを説明します。それは、ビューの検出、 そして、UIの構成のための、ビュー注入の方法の両方を、どのように使用するかを説明します。状態に基づいたナビゲーションのクイックスタート

状態に基づいたナビゲーションのクイックスタート(原文リンク) Navigation

このクイックスタートは、単純な、アプリケーションのナビゲーションを定義するための方法を説明します。 このクイックスタート内の使用されるアプローチは、異なる状態を定義するために、WPFの表示状態マネージャー(VSM)を使用します。 アプリケーションは、状態の間に、状態と遷移のためのアニメーションを持っており、そして、定義します。

表示を切り替えるナビゲーションのクイックスタート(原文リンク) Navigation

このクイックスタートは、Prismの地域ナビゲーションAPIを、どのように使用するかを説明します。 クイックスタートは、地域で、ビューを操作し、もう一つのビュー(入れ子にされたナビゲーション)に含まれる地域のビューに操作し、 ナビゲーションジャーナルのサポートし、ジャスト・イン・タイム・ビューの作成することを含む、複数のナビゲーションの筋書きを示します。 ビューに移動するとき、ナビゲーションに関与しているViewとView Modelの文脈上の情報を渡します。 そして、モジュール方式とUIの構成を通してビルドされるアプリケーションの部品として、ナビゲーションを利用します。

 イベント集約のクイックスタート(原文リンク)  Event Aggregation  

このクイックスタートは、イベント・アグリゲーター・サービスを使用するWPFアプリケーションを、どのように構築するかを説明します。 このサービスは、あなたが、アプリケーションにおいてコンポーネントの間で疎く結合した通信を確立することができます。

 インタラクティブ性のクイックスタート(原文リンク)  Interactivity  

このクイックスタートは、View Modelが、コマンドを起動するイベントを発生させる必要がある ユーザーやユーザー・ジェスチャーと対話する必要があるとき、ViewとView Modelの互いの連携を、どのように作成するかを説明します。 View Modelの、これら各々の筋書きには、Viewを知っている必要はありません。最初の筋書きは、 InteractionRequestsとInteractionRequestTriggersを用いて処理されます。 2つ目の筋書きは、InvokeCommandActionによって処理されます。

Step 3:コンパイルと実行のクイックスタート、リファレンス実装やPrismライブラリ・ソースコード

Compile and Run QuickStarts, Reference Implementation, or Prism Library Source Code

リファレンス実装とクイックスタートをビルドして、実行するために、適切なショートカット・ファイルを選択し、ビルドするために、F5をクリックし、実行します。

リファレンス実装とクイックスタートは、Prismライブラリ・アセンブリにNuGetの参照を使用します。それで、あなたは、各々のソリューション・ディレクトリをコンパイルし、実行することができます。

Prism Library Sourceプロジェクトをソリューションに追加する

Adding Prism Library Source Projects to Solutions

NuGetパッケージとして、Prismライブラリを発送することの一部として、 Prismライブラリ・プロジェクトは、すべてQuickStartとリファレンス実装プロジェクトのソリューションから、取り除かれました。あなたが、Prismライブラリーコードをステップ実行することに慣れた開発者である場合、あなたが、アプリケーションを構築するように、一組のオプションがあります。:

  • 後ろにPrismライブラリ・プロジェクトを追加します。
  • これを実行するには、ソリューションを右クリックし、Addを選択します。そして、既存のプロジェクトをクリックします。 Prismライブラリ・プロジェクトを選択します。続いて、誤ってこれらを構築しないようにするために、BuildメニューのConfiguration Managerをクリックします。そして、その次に、デバッグとリリースの構成の両方で、すべてのPrismライブラリ・プロジェクトのためのBuildチェック・ボックスをクリアします。

  • ブレークポイントを設定して、中でステップ実行します。
  • あなたのアプリケーションのブートストラッパーで、ブレークポイントを設定します。そして、その次に、基底クラス内でメソッドにステップ実行します。(F11は、このための代表的な、C#キーボードショートカットです)。あなたは、Prismライブラリ・ソースコードを見つけるように、頼まれるかもしれません。しかし、多くの場合、完全なプログラムデータベース(PDB)ファイルが利用できます。そして、ファイルは、簡単に開きます。あなたは、どんなPrismライブラリ・プロジェクトでも、ファイルを開いて、ブレークポイントを設定することによって、ブレークポイントを設定するかもしれません。

関連するダウンロード

Related Downloads

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」