Home > C# > PostgreSQL

ベクトルドロー・レベルゼロ

Windows環境でC#を使って、PostgreSQLを利用する

広告

新規作成日 2019-02-16
最終更新日

データベースの種類

データベースで、データを処理するデータ・ベースの中心となる部分をデータベースエンジンと呼びます。

世の中には、扱うデータ量や目的に応じて、多種多様なデータベース・エンジンが存在します。使用する分野ごとによく使われるデータベース・エンジンが存在します。よく使われている分野では、その分野で使用しやすいように機能が進化していくとともに、利用方法に関するノウハウが蓄積されていきます。

データベース・エンジンごとに、異なる部分が多いため、後から、データベースエンジンを変更することは、簡単ではありません。また、新しい、データベース・エンジンについて学ぶことも簡単ではありません。

しかし、まずは、1つターゲットとするデータベース・エンジンを決めて、データベースの扱いを学んでいく必要があります。

Oracleなどの有料で利用する製品は、利用にも、使い方の情報を集めるにも、お金がかかるので、Oracleを使う目的で学ぶ以外には、メリットがありません。

個人的にデータベースの使い方に親しんでいくためには、利用者が多く、情報の入手が用意で、無料で利用できるデータベースが適しています。

  • PostgerSQLは、大規模なデータベースが必要な分野で選択されているデータベースです。
  • MySQLは、ブログやホームページなどを動的に作成する際によく使用されています。
  • SQL Serverは、Microsoftが提供しているデータベース製品です。有料ですが、Microsoft製品であるため、C#でデータベースを扱う例として使われることが多く、C#と連携して使い始める際の情報が容易に手に入るメリットがあります。C#のプログラミに組み込んだり、個人的に利用する分には、無料で使えたはずです。
  • SQLite は、レンタルサーバーの低価格プランでも利用できるデータベースです。

PostgerSQLを使う

個人でデータベースの使い方を学ぶ場合、ブログやホームページで利用する可能性が高い、MySQLやSQLiteが良いのかもしれませんが、PostgerSQLを使ってみようと思います。

関連サイト

関連ページ

C#でデータベースを操作する方法

C#で、データベースを操作するためには、複数の方法があります。

  • ODBC接続
  • OLE DB
  • Entity Framework
  • Windows Workflow
  • ネイティブ接続

ネイティブ接続は、データベースごとに提供される専用のライブラリを用いてデータベースに接続することです。通常、データベースの能力を最も詳細なところまで制御することが可能です。

Npgsplを使う

C#で、PostgerSQLを使う場合、Npgsplを使う機会が多いと思います。

関連サイト

マニュアルの和訳

コンピュター関連では、ほとんどの情報は、英語で提供されています。マニュアルを日本語で読みたい場合は、日本語に翻訳する必要があります。

以前のバージョンのマニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」