Home > コンピュータ > コンピュータ操作 > ソフトウェア

ベクトルドロー・レベルゼロ

pdf互換アプリ

広告

新規作成日 2017-07-19
最終更新日

pdfは、閲覧するには便利ですが、それほど使いやすいとは思えません。しかし、紙媒体の情報を電子情報で配布する際には、頻繁に使用されます。

オフィスアプリケーションやグラフィックアプリケーションなど、多くのアプリケーションは、pdf形式で出力する機能を持っています。そして、ビューアーは無料で入手できます。

しかし、場合によっては、pdfを直接編集したい場合があります。

pdfの作成は、アドビのアクロバットを使用します。リーダーは無料で利用できますが、アクロバットは、高価です。そこで、pdfを作成するその他の選択肢を探してみました。

pdf出力に対応していないアプリケーションでも、アクロバットをインストールするとプリンターに出力する手順で、pdfファイルを作成できます。

最近では、多くのアプリケーションがpdf出力に対応していますが、対応指定いないアプリケーションでは、「Acrobat DC」を代表とするpdfを作成するアプリケーションを使用する必要があります。 pdf作成アプリケーションは、「Acrobat DC」以外にも様々な商品が発売されています。

PDF出力に対応するアプリケーションによるPDF出力

Officeアプリケーション

Word、Excel、Power Pointなど、Office 2007以降であれば、 作成した文書をPDFファイルに変換する機能が標準搭載されています。 そのため、PDFファイルを作成するために、他のアプリケーションを用意する必要ありません。

  1. [ファイル]タブをクリックします。
  2. [エクスポート]をクリックし、[PDF/XPSドキュメントの作成]を選択して[PDF/XPSの作成]ボタンをクリックします。
  3. [PDFまたはXPS形式で発行]ダイアログボックスが表示されたら、ファイルの保存先フォルダーと[ファイル名]を確認して[発行]ボタンをクリックします。

アプリケーション

オンラインサービス

製品版アプリケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」