Home > コンピュータ > LibreOffice > マクロ

ベクトルドロー・レベルゼロ

LibreOffice Basicのデータ型

広告

新規作成日 2017-12-14
最終更新日

LibreOffice Basicは、厳格な型を持つ開発言語とは異なり、型を宣言せずに、変数を扱うことができます。

型のリスト
接尾辞 領域
Boolean Trueまたはfalse。
Integer % -32768 to 32767
Long & -2147483648 to 2147483647
Single !

浮動小数点数

負: -3.402823E38 to -1.401298E-45

正: 1.401298E-45 to 3.402823E38

Double #

倍精度浮動小数点数

負: -1.79769313486232E308 to -4.94065645841247E-324

正: 4.94065645841247E-324 to 1.79769313486232E308

Currency @

小数点以下4桁の固定小数点数

-922,337,203,685,477.5808 to 922,337,203,685,477.5807

Date 01/01/100 to 12/31/9999
Object Basicオブジェクト
String $ 文字列
Variant 任意のBasic型

OpenOffice Basic のString型の最大文字数は、65535 文字です。VBAから移植する場合は、最大文字数を超過しないことに注意する必要があります。(バージョンの更新によって、制限が変化している可能性があります。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」