Home > 知っているといいことがあるかも > 環境問題

ベクトルドロー・レベルゼロ

放射能汚染情報へのリンク

広告

新規作成日 2017-07-01
最終更新日

福島第一原発事故で、拡散された放射能物質、生物濃縮の仕組みの解明は、しばらくは行われないと思われます。被害者にならないように気をつけて行動する必要があります。

放射能物質による健康被害の解明は、国や業界に隠蔽しようする意思があるようなので、研究や対策は、遅々として進まないか、行われないでしょう。 積極的に、研究を促進し、知見を集めることが解決への近道だと思います。 積極的に情報開示や研究の補助が行われば、それほど解決が難しいこととは思えません。政治的に、社会的な理由により、情報を隠蔽するため、理解や解明が行われません。 しかし、そのことで、不利益になる方がいる以上、想定された状況です。

今後、数十年かけて、放射能物質の人への影響が明らかになっていくものと思われます。

関連リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」