Home > 知っているといいことがあるかも > 簡易製本

ベクトルドロー・レベルゼロ

中綴じ製本

広告

概要

気軽に、両面印刷できるプリンターが使えるので紙の資料が増えます。ディスプレイ表示は、紙媒体より、情報量が少ないです。 量が少なければチューブファイルや、リングファイルで対応できますが、実際に読む時に使いにくいのが難点です。 ドキュメントの枚数が少ない場合で、両面印刷可能なA3機を所有している場合は、中綴じホチキスを購入し、 中綴じ製本をすると読みやすく、片面印刷と比較して使用する紙の量が減ります。

中綴じ製本とは

会報や情報誌、雑誌で使われる、折り目の位置でホチキスで綴じる製本方法です。

参考サイト

中綴じ製本の注意点(外部サイト)

中綴じホチキスと関連商品

フルオートマチック製本マシーン

サンコーレアモノショップ で取り扱いがあります。大量に作成する際は、便利だと思います。

フルオートマチック製本マシーン操作動画

推奨最大16枚ですので、ページ数が多いときは利用できません。

中綴じホチキス

小型(10号針)

10号針使用、約15枚まで。

小型(10号針)

10号針使用、約15枚まで

中型(3号針)

3号針使用、約15~20枚

大型(12号針)

12号針使用、約30~160枚

参考リンク

ガイド

ナカトジータ

ホチキスガイドです。工作が得意なら自分で作成しましょう。

ナカトジール

ホチキスガイドが付いた定規です。適合するホッチキス(HD-10NX・HD-10D・HD-10DM・HD-10)と組み合わせて使用します。

参考サイト

その他の製本について

ホットメルト製本

ホットメルト製本機を使った簡易製本です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

広告