Home > Illustlation

ベクトルドロー・レベルゼロ

数式エディタ

広告

作成日 2015-07-13
最終更新日

概要

コンピュータ上で数式を描く必要がある時があります。書類を作成するためのワープロソフトであったり、Web上のホームページに掲載するためであったりします。

どのようなツールが公開されているか調べてみることにしました。

ファイル形式

まずは、ファイル形式を見ていきます。数式の入力は、手間がかかるので、他の人が描いたものを流用したり、自分が作成したものを蓄積したりして、 新たに、描く手間を可能な限り減らしたいものです。

主要なファイル形式

  • MathML
  • web系のオープンフォーマット、ホームページで使う場合は、こちらか、Texを選択する。

  • Tex,LaTex
  • Tex系 学術用途では、文献の記述にはTexが使われているので、流用できるためこちらが便利

  • OfficeOpenXML
  • Microsoft Officeのファイル形式

数式エディタ

Microsoft Officeの数式エディタ

参考サイト

MathType

Design ScienceがWindowsおよびMac OS X向けに販売している数式入力ソフトウエア。Microsoft Officeの数式エディタの機能拡張版 ※現行のMIcrosoft Officeでは、この形式の数式エディタは、使用されていないので、 MIcrosoft Officeでの使用を考えている場合は、 評価版 で動作を確認することをお勧めします。

バージョン11、すなわち2003 (Windows)・2004 (Mac) までのMicrosoft Word およびPowerPoint の標準数式作成ツール「数式エディタ」は、 米国Design Science 社がMicrosoft 社にOEM 供与したMathType の簡易プログラムです。 参考(外部サイト)

バージョンアップに伴い、Microsoft独自開発のものに置き換わり、データの互換はありません。参考:変換機能(外部サイト)の説明は、Office2007のもので、Office2013では、「MathType」リボンはどこにあるかわかりませんでした。

現在のOfficeの数式は、Microsoft 社の独自のフォーマット「OMML(Office Mathematical Markup Language)」で作成されます。MathType形式の数式は、挿入→オブジェクト(テキスト)→Microsoft数式3.0になります。

挿入タブ→オブジェクト
挿入タブ→「テキスト」リボンの「オブジェクト」※Microsoft Word2013で確認しています。
Microsoft数式3.0
ここにある「Microsoft数式3.0」は、MathType形式です。※Microsoft Word2013で確認しています。
数式
ここにある「数式」は、Microsoft 社の独自のフォーマット「OMML(Office Mathematical Markup Language)」形式です。※Microsoft Word2013で確認しています。

このページの下の方で紹介している、「InftyEditor」や「MathNote」と比較すると、販売価格が、高額なので、 評価版で、予備調査をしたほうが良いかと思います。

MathType 6.9日本語版 (Windows版)(外部サイト) MathType 6.7日本語版 (Macintosh版) (外部サイト)

参考サイト

MathType購入ガイド(外部サイト)

MathType 6.9(外部サイト)

Open Office, LibreOfficeの数式エディタ

参考サイト

InftyEditor

LaTeX、HTML、XHTML(MathML)、PDF、Word 2007 等のファイル出力に対応しています。

※有償です。フリーソフトウェアではありません。

参考サイト

InftyEditor(外部サイト)

MathNote

数式ワープロソフト 数式やドキュメントは、LaTeX/HTML/MathML形式で保存可能。

※有償です。フリーソフトウェアではありません。

参考サイト

MathNote(外部サイト)

Webサイトで数式を表示する

MathJax

Javaスクリプトを使用して、TexやMathML表記の数式をwebページに表示します。

参考サイト

MathJax(外部サイト)

MathML

W3C が提唱する数式記述方法

参考サイト

MathML 日本語情報(外部サイト)

W3C Math Home(外部サイト)

TexPoint

数式をTexで表記し、「Generate Image」ボタンを押すと、数式の画像が得られるWebアプリケーションです。

参考サイト

TexPoint(外部サイト)

TeXclip

LaTex表記の数式を画像に変換してくれるサイトです。

参考サイト

TeXclip(外部サイト)

BrEdiMa

既存の Web ページ内に簡単な変更で GUI 数式エディタを追加できる、 JavaScript で書かれた Web アプリです。

参考サイト

BrEdiMa(外部サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」