Home > WPF > 単純なデザインのウィンドウ

ベクトルドロー・レベルゼロ

GridSplitterによるドラッグ可能な仕切りとテキストボックスとボタンとデータグリッド

広告

新規作成日 2017-01-30
最終更新日

コードの動作を確認するために使用する、短いプログラムのためのメインウィンドウをいろいろ集めておくと、コードの動作検証などに便利です。

上下に配置した2つのテキストボックスとボタンとデータグリッドをGridSplitterによるドラッグ可能な仕切りで区切ることにより区切りの位置を変更できウィンドウです。

<Window x:Class="WebRegex03.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="*"/>
            <RowDefinition Height="Auto"/>
            <RowDefinition Height="*"/>
        </Grid.RowDefinitions>
        <DockPanel Grid.Row="0">
            <DockPanel DockPanel.Dock="Top">
                <Button DockPanel.Dock="Right" Width="100">Button</Button>
                <TextBox>TextBox</TextBox>
            </DockPanel>
            <TextBox>TextBox</TextBox>
        </DockPanel>
        <GridSplitter Grid.Row="1" Height="2" HorizontalAlignment="Stretch" />
        <DockPanel Grid.Row="2">
            <DataGrid Name="dataGrid" />
        </DockPanel>
    </Grid>
</Window>

GridSplitterによるドラッグ可能な仕切りとテキストボックスとボタンとデータグリッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」