Home > C# > 環境構築

ベクトルドロー・レベルゼロ

C#開発環境のダウンロード先

広告

新規作成日 2015-12-11
最終更新日

Visual Studio

C# 標準の統合開発環境です。通常これを選択すれば、問題ありません。 98se向けのアプリケーションを開発するには、2008まで、Xp向けでは、2010まで、Vista向けでは、2013までしか利用できません。 2015以降では、Windows向けだけでなく、iOS,Android向けのアプリケーションを開発できます。

Visual Studio 2015 製品の概要(外部サイト)

Express

Visual Studio Express(外部サイト)

デスクトップ アプリケーションを開発するには、「Express for Desktop」、ASP.NETアプリを開発するには、 「Express for Web」、ユニバーサル Windows プラットフォーム開発するには、「Express for Windows」を使用する必要があります。

Community

Visual Studio Community(外部サイト)

Microsoft Visual Studio Community 2017をインストールする

Microsoft Visual Studio Community 2015 iso(外部サイト)

クロス プラットフォーム開発等、数多く拡張機能を利用でき、Visual Studio Professional と同等機能が無償で利用できます。 ※利用条件によります。

Codeプレビュー

Visual Studio Code

LinuxやMacOSX上で動作するVisual Studioです。統合開発環境ではなく、コードエディタです。

Visual Studio 2013

その他のバージョン

SharpDevelop(外部サイト)

オープンソースのWindows向け、開発環境です。

MonoDevelop(外部サイト)

オープンソースのマルチプラットフォーム向け、開発環境です。

有償の機能拡張パッケージのXamarin Studio(外部サイト)が存在します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

Home PC C# Illustration

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」